栄養補助食品

サプリメントの高品質化【健康や美容を追求!誰もが安心して安価なサプリメント】

使用上に関する話題です

シニア

長期摂取が必要です

乳酸菌は数回摂取しただけで、効果はないとされています。というのも、摂らないことですぐに腸内の善玉菌が減少するとされています。そのため、栄養機能食品であろうとサプリなどの健康食品であろうと、毎日長期的に乳酸菌を摂取しないと腸内環境の改善効果は得られにくいとされています。またその際、ほとんどの商品は胃酸でほとんど乳酸菌が死滅するとされています。そのため、腸まで生きた状態で乳酸菌が届くタイプのものを選ぶとより効果が得られやすいとされています。特にサプリの方がそのような加工を行いやすいため、サプリを選ぶとより整腸効果を期待することができます。ただし、すべてのサプリが生きた状態で腸に届く加工を施している訳ではありません。

赤ちゃんも使えます

乳酸菌サプリは赤ちゃんも摂取できるとされています。通常、赤ちゃんは母乳を通して乳酸菌を摂取しています。そのため、母乳中心の赤ちゃんは腸内環境が良好なケースが多いです。特に、すっぱいにおいの便が出ているときは善玉菌が腸内で優勢になっています。しかし、離乳食が始まると、どうしても雑菌を体内に入れてしまう機会が増えてしまいます。そのため、腸内環境が悪くなり、便秘などを引き起こしやすくなります。そこで、状態が心配になるのであれば乳酸菌サプリを利用して赤ちゃんの腸内環境を整えることができます。ただし、飲み込みの関係上微粒や顆粒タイプが望ましいです。このように、乳酸菌サプリは赤ちゃんでも健康促進ができる数限られた健康食品と言えます。